税務調査の支援

税務調査の支援

税務調査のご支援をします

税務調査は企業経営をしていくうえでは避けて通れないものです。

税務調査が行われるのは、所得が発生している場合だけではありません。消費税や源泉所得税に関する税務調査は、所得の有無とは無関係に行われ、企業経営者自身の個人の所得税に関する税務調査も行われます。

当事務所では、書面添付制度を実施しています。書面添付制度とは、法律(税理士法第33条の2第1項)に定められている制度で、平成14年(2002年)の改正税理士法では、書面添付の申告書を提出した税理士には、税務調査通知前に意見を述べる機会が付与される制度の充実が図られ、企業が税務署に提出する税務申告書の内容が正しいことを、税理士が書面に記載し、申告書に添付する制度です。これにより、申告書の社会的信用力が高まります。書面添付制度によって関与先様の適正な申告をお手伝いします。

戻る

お問い合わせ